ブログ

少年期の踵の痛み成長痛?シーバー病について

  • 2017年11月21日

今現在、当院にて急速に増えている患者様の症状にシーバー病があります。

当院に通っていただいている学生の実に3分の2はシーバー病などの成長期に発生する成長軟骨の痛みなのです。

 

今回は当院でも多いシーバー病についてお話いたします。

 

シーバー病ってなに?

シーバー病とは、成長期特に1年以内に3㎝以上伸びた子供や成長期でスポーツを行っている子供に多く発生する踵の痛みです。

image(参照:図)

走ったり、急に背が伸びたりなどふくらはぎの筋肉が緊張したり、偏平足などにより足底腱膜が緊張すると踵の骨が引っ張られて成長軟骨に炎症が起こります。これがシーバー病です。

 

成長期のオーバーユースによる症状ですので、「休めば治る」「成長期が終われば治る」と言われることが多く完治には長い時間がかかります。

痛みが治まったとしてもスポーツをすれば再発する事もある厄介な病気です。

 

どうすればいいの?

早めの治療、早めのスポーツ停止をお勧めいたしますが難しい人も多いと思います。

治療自体も長期に及びますのでそこまで休めない!!と言う方には日頃ケアの仕方を伝授いたしましょう。

ケアをすれば早期回復または予防に繋がります。

 1.ストレッチをしっかり行う

   一番大切なのはやはり運動前と後のストレッチです。シーバー病の場合はふくらはぎや太ももを重点的にお願いいたします。

   ですが、既に痛みが出でいる方は過度なストレッチを行うと骨端線に更に負荷がかかりますのでお風呂の中でもんだり、電気にてほぐしたりをお願い致します。

 2.偏平足予防をする

   偏平足であることが痛みを上げる原因ですので、サポーターを付けたりタオルギャザー運動などで偏平足を予防、治療をお勧めします。

 3.衝撃を少なくする

   足への衝撃が炎症を強くするので、中敷きを柔らかいものに変えたり、コンクリートの上など硬い地面を長時間走らない様にするなどをお勧めします。

 

 

シーバー病は、発症すると治るのに2~3ヵ月かかる方も多いです。

早めのケアと治療をお勧めします。