ブログ

筋膜リリースの落とし穴?!

  • 2017年09月12日

前回詳しく筋膜についてお話いたしましたので、今回は具体的にどんな事をするべきなのかお話いたしましょう。

近年筋膜リリースという言葉をよく聞くようになりました。

筋膜の疲労を取るのに筋膜リリースやマッサージほど有効なものはありません。

どんなマッサージ、どんなストレッチをすればいいかと言うのは沢山の書籍やネットでも語られていますので。

このブログでは筋膜リリースやマッサージを行う上での注意事項についてお話ししようと思います。

 

当院の患者様にも時々いらしゃるのがストレッチや筋膜リリースをしていたら痛みが出でしまったという人です。

筋膜を伸ばしストレッチをする時に筋膜を傷つけ破ってしまい筋膜断裂になってしまう方がいるのです。

では、どうすればそのような事を防げるのでしょうか。

 

まずは、無理せずできる範囲で…

筋肉や筋膜が硬くなっているから筋膜リリースを行うのですから筋膜に更に負荷をかけてしまえば簡単に傷ついてしまいます。

書籍やネットにあるポージングは理想の形です初めからそこまで伸びない事を頭に入れておきましょう。

そこまでいかなくても十分にストレッチされています自分のできる範囲で無理せず行いましょう。

 

ゆっくり慎重に…

ポージングに行く過程でも注意は必要です。

ポージングは自分の限界点です。

いきなり限界点まで身体を持って行けば筋膜の伸びが足らず切れてしまいます。

ポージングに行くまでの過程もなるべくゆっくり慎重にポージングまで体を持っていきましょう。

 

身体はまっすぐ正確に…

筋肉はいろんな方向から複雑に伸びています、手の角度、力を入れるポイントなどが違うだけで伸びている場所が変わってしまいます。

書籍などの注意点を把握しつつ個人差の範囲もあるので角度を調整し一番身体が伸びている場所でキープしましょう。

 

5秒は止める

筋肉が伸びるまでは5秒はかかると言われています。

必ず5秒以上は静止して伸ばすようにしましょう。

 

マッサージの注意点

マッサージは指であまり押さず面で押すことをおすすめします。

例えば紙などを指で押すとシワが出来ますよね?これが筋膜のシワなのです。

マッサージをしたのに身体が重くなった場合は逆にしわが寄ってしまっているのです。

ですから、シワを広げるようにマッサージをよる事を心がけましょう。

 

正しい姿勢で正しいやり方をしないと身体を痛めてしまいます。

簡単なストレッチで楽しくやりましょう。