ブログ

若くてもなるんです!油断大敵!ギックリ腰

  • 2017年04月20日

当院での来院数№1と言っても過言ではない、ぎっくり腰についてお話しましょう。

ギックリ腰は、『年長者がなるもの』『なったら歩けなくなる』と思っている方が多いようです。

ぎっくり腰は肉離れや捻挫の一種ですので、子供になることもありますし、ケガの具合によっては歩けたり動けたりする場合もあります。

今回はもっとも身近な脅威、ギックリ腰についてお話しましょう。

皆さん筋膜リリースと言う言葉を御存知ですか?

筋膜とは、筋肉の表面を包んでいる半透明の膜のことで第二の骨格と言われるほど身体を支えるのに重要な役割を持っています。

ためしてガッテンでも筋膜リリースについて特集されています。

肩こり、腰痛の原因はこの筋膜に出来てしまうシワなんです。

このシワが筋肉や身体の動きを硬くし、それによって筋膜に負荷がかかって破れる事でぎっくり腰となるのです。

ギックリ腰にならない様にするには、日ごろから筋膜リリースやマッサージなどのケアが大切です。

ギックリ腰になった時は

  1. しっかり冷やす。・・・ぎっくり腰は捻挫の一種です。腰痛の様に温めてしまうと腫れが酷くなり治癒が遅れます。
  2. 安静にする。・・・・・・無理に動いては治癒が遅れます。コルセットでしっかり固定して下さい。
  3. 禁酒・長湯禁止・・・・血流が良くなる為痛みが上がってしまいます。入浴は湯船に10分以内を心がけましょう。
  4. 急激な動作禁止・・・くしゃみや咳などを加減せずすれば腰痛を悪化いたしますので小さめにする様にしましょう。

上記は家庭で行うケアの仕方です。これで治るわけじゃありませんので、痛みが出たその日に来ていただく事をおすすめします。安静にしていれば2~3週間で完治しますが癖になりやすい為、しっかりとした経過観察が必要です。

 

当院では、急性腰痛症様の治療が存在し、なるべく早期回復出来るようベストを尽くさせて戴きます。